【jQuery】deferred done / always の実行順序

jQueryのdeferredやら$.ajaxのコールバックとして指定する、 done(or fail) と always の実行順序を明確にする必要があったためメモる。 【環境】 jQuery: 3.3.1 Chrome: 72.0.3626.109 【結論】 先に指定した方が勝つみたい。要するにFIFO。 以下のように書…

Raspberry PiでUSBメモリを使用する

・参考 Raspberry PiでUSBメモリを使う | Ken's blog @teaplanet 1. USBメモリを自動認識させる ~$ sudo apt-get install usbmount 2. USBメモリを挿す 3. ディレクトリの移動 ~$ cd /media/usb0 4. 使い終わったらアンマウント ~$ sudo umount /dev/sda1

【Raspberry Pi】指紋センサ ZFM-20

Raspberry Piで指紋センサ「ZFM-20」を使うために2日間ググりまくったのでメモ。 1, ライブラリのインストール↓海外の方がArduinoのライブラリをpythonで書き換えているのでそれを使用します。 Sicherheitskritisch | Fingerprint sensor for Raspberry Pi a…

PythonとOpenCVで画像処理⑤【トラックバー】

*OpenCVのバージョンは2.4.1です【トラックバーの生成】 createTrackbar関数を使えばトラックバーを生成できる cv2.createTrackbar(トラックバー名, ウィンドウ名, 最小値, 最大値, 関数名) トラックバーの値を変更したとき、指定した関数が実行される 引数…

PythonとOpenCVで画像処理④【マウスイベント】

*OpenCVのバージョンは2.4.1です【元の画像】 *Raspberry Piのカメラで撮影したのでサイズが大きめです 【マウスイベント】 setMouseCallback関数を使えばマウスイベント時の処理をセットできる cv2.setMouseCallback(画像, 関数名, 関数に渡すパラメータ)…

PythonとOpenCVで画像処理③【描画処理】

*OpenCVのバージョンは2.4.1です【元の画像】 *Raspberry Piのカメラで撮影したのでサイズが大きめです 【線分】 line関数を使えば線を引くことができる cv2.line(画像, 始点座標, 終点座標, 色, 線の太さ) # -*- coding: utf-8 -*- import cv2 # 画像の読…

PythonとOpenCVで画像処理②【ウィンドウ、画像のサイズ変更】

*OpenCVのバージョンは2.4.1です【ウィンドウのサイズ変更】 デフォルトでは、画像のサイズに合わせてウィンドウが固定表示される namedWindow関数を使えば、ウィンドウのサイズを変更可能にすることができる # -*- coding: utf-8 -*- import cv2 # 画像の…

PythonとOpenCVで画像処理①【読み込み、表示、保存】

*OpenCVのバージョンは2.4.1です【OpenCVのバージョン確認方法】 ~ $ vi /usr/include/opencv2/core/version.hpp #define CV_MAJOR_VERSION 2 #define CV_MINOR_VERSION 4 #define CV_SUBMINOR_VERSION 1 【画像の読み込み】【画像の表示】 # -*- coding: u…